不動産投資に失敗しないコツ【ローリスク安心サポート隊】

不動産

投資を関西で行うなら

関西の傾向

不動産

関西は、大阪を中心とした西日本の中心地で日本でも関東につぐ経済規模を有している地域です。このため投資を行うのには向いており、特に不動産投資も活発です。大阪にもタワーマンションなどが立ち並ぶようになり効率的に利益を生み出す収益物件が増えています。特に大阪市中心部は再開発の傾向があり、また大阪市外でも鉄道会社が中心となって再開発が行われるなど不動産価値の向上が見込めます。一方で、それ以外の地域では不動産価値は下落傾向にあり注意が必要です。この理由としては関東とは異なり、平野部が少なく山岳地帯が多いためです。このため少ない平野部や鉄道沿線に人口が集中する傾向にあり、それらに多くの収益物件が生まれています。

不動産投資のメリット

不動産投資は、収益物件を購入するか不動産を収益化するかの2つの方法があります。いずれの場合もミドルリスクミドルリターンであり、事前調査を行い投資計画を計画をしっかりと立てれば失敗するリスクの少ない投資方法といえます。収益物件でもっともローリスクなのは駐車場経営になり、特に都市部も慢性的な駐車場不足の地域では、高い収益率を有しています。特に駐車場は撤退が容易であるためマンションなど建物を建てるまでのつなぎとしても役立てることができます。不動産投資では投資対象が不動産であるため、価値がなくなるということはなく安定した実物資産として生かすことができますし、収益物件にすることで転売するさいにも、付加価値を付けて現金化することができます。